Monday, February 1, 2016

生まれ代わりは存在しない

 
Copyright of Saori
 
量子学国際関係学論文:


生まれ代わりは存在しない。

頭の良い人間は死後の世界の事は

感情で視て感情を記憶してる。

生まれかわりが存在しない

理由としては頭の良い人間は死後の世界を全て覚えているはずである。

死後の世界を全て覚えていると言う事は

産まれながらに科学が分かり、

産まれながらに死後の世界の出来事と死後の世界の仕組み、

死後の世界の最高法則を全て覚えているはずである。

その様な0日才児は産まれていない。

産まれていたとすれば、両親と0日才児は公表しているはずである。

両親と0日才児は公表した時点で

全ての研究機構に永久研究をされ人類科学発展の為に

大富豪の元に連れ行く事になり、全てを手に入れ、大富豪の元に暮らす可能性まである。

大富豪の周りの嫉妬で暗殺されてしまう可能性まである。

その様な0日才児と両親は死後の世界を学ぶ研究機構の意図故に暗殺は免れる。

危険が伴う限り、その様な0日才児を公表する事は無理である。

公表が無理と言う事は頭の良い0日才児と両親は世界一頭が良い人間とは言えない。

頭が良い0日才児と両親であったら世界仕組みを0日才児が

産まれたその日に代えられるであろう。

----------

量子学国際関係論文:


死後の世界にいる命全てが一度テレポートで

次元を代えて幽霊から人間動植物として

nondematerialized worldに入ってくる。

人間動植物から幽霊として次元を代えてdematerialized worldに戻っていく。

命は全てnondematerialized worldで102年生きる。

102年後に動植物から 

幽霊として次元を代えてdematerialized worldに戻っていく。

世界宗教は全て間違っている。

今後この考えを元に新しい世界宗教が現れる可能性がある。

新しい世界宗教が現れた際には最初から存在していた事になる可能性がある。

生まれかわりは存在しない。

感情を向上した死後の世界にいる命が

一度人間、動物、植物として現れ感情を向上する。

死後の世界に幽霊が感情を向上してテレポートで戻る。

死後の世界に戻った幽霊は死後の世界で感情を向上する。

子供を授かる事を考えなければ永久に

nondematerialized worldで生きられる。

四季を考えなければ永久にnondematerialized worldで生きられる。

子供を授かる事や、四季を考えない際には、

死後の世界の幽霊が感情を向上してテレポートで現れる。

周りの人間が子供を授かる事や四季を考えないでいると

永久にnondematerialized worldで生きられる。

死後の世界ではnondematerialized worldで連れ添った伴侶と

共に二人でテレポートで旅行を続ける。

死後の世界ではnondematerialized worldで連れ添った伴侶と

共に二人で死後の世界を感情を通して綺麗に代え続ける。

死後の世界のdematerialized worldは綺麗になり、

感情が綺麗に代わり続けると共に、

死後の世界の見かけはnondematerialized worldの当時の

20代の見かけに戻る。

幽霊が動物として現れる時は死後の世界から現れようか考えている時。

綺麗な感情を周りに視ると動物は死後の世界から現れる。

幽霊が動物として現れる。動物は感情が人間の会話が分かる。

----------

量子力学国際関係論文:


0 perfection 
1 close to perfection
2 conscious + conscious
3 negative conscious nondematerialized world
4 two negative conscious
5 female-male, male-female
6 child
7 Vatican 1910
8 continue afterlife nondematerialized world life 
9 negative conscious close nondematerialized world
10 afterlife 
11 Top Secret Third Prophecy
12 negative conscious child
13 calls negative conscious afterlife dematerialized world
14 calls negative conscious nondematerialized life
15 speak
16 color research
17 individualistic decision decide 
18 color tone sound research
19 individualism 
20 afterlife nondematerialize conscious decision


1) 594 -> (495)^(-1)
2) 495 ->  (ー∞) ・・・ 
3) -∞ < 0 < ∞

If

A = 594
B= 495
C = 0

If A, Then -B
If -B, Then +∞
If -B, Then +A
If B, Then B + A

or

If B, Then -∞ 
If A+B, Then A^(-1) + -B
If A^(-1) + -B, Then C
If C, Then -∞ + +∞
If -∞ + +∞, Then +∞
If -(A+B), Then +∞ + B
If -A, Then -∞ 
If A^(-1), Then (-∞) + B
If B^(-1), Then +∞+ B
If +∞, Then A+B

the theory is applied in all number and all situation, in the solved equation in the non-dematerialized world, in the dematerialized world, in all conscious.

solves all conscious to dematerialize or to non-dematerialize.
solves the realization of the world and world system.

A= 594 offering / humbleness
B=495 sin / jealousy
C=0 conscious

----------

量子学国際関係論文:


Given A & B, 

A: <全ての人動植物は

産まれる以前に悪い事をしている>


B:<悪い事をしていない人動植物は幽霊として

死後の世界から出入りする必要は無い>


AUB=A

AUB=B


Then:

AΛB = C

C: <改善の為に死後の世界から出入りの必要性が現れる

改善の為に死後の世界の最高法則を思考し、

感情で思考を死後の世界の最高法則に代える>

----------

Given 

A: <死後の世界で生きている命の感情を代得る>
B: <現世で生きている命の感情を代得る>

A U B = A

A U B = B

A = B

----------

If

AB 

Then

C: <現世と死後の世界の土地と命の見かけが綺麗代得る>

A U B = C

C = A 

----------

C <-> AB

AB <-> C

----------

Sound Tone Quantum Physics Philosophy and Intuitive Mathematics Theory - Theory Presented by Saori -

Saori : Graduate Schooling in The Department of Economics of Statistics

No comments: